column

 

kurosen
アメリカ・ハワイアンスタイルのコラムを毎週木曜日に更新しています。
kurosen

American vintage カバードポーチ&チェア vol.81

vol81 top

家って仕事から帰って、ご飯食べて寝るだけの場所になっていませんか?

贅沢な時間だな。なんて、家で感じる時間や場所はありますか?

古いアメリカ映画やドラマを見てると、
玄関先のポーチにあるブランコに座った 主人公が物思いにふけっているシーンありますよね。
そこに、主人公が想いをよせる異性が通りかかったり…。
あれ、憧れませんか?あの場所…

そう、カバードポーチ!
あの場所こそ、家で贅沢な時間を過ごせる場所だと思うんです。

vol81 01

そして、カバードポーチにはチェアが必要。
どんなチェアかが重要。

ブランコ?ソファ?ベンチ?

ブランコは小さいお子さんがいると喜びますよね。
大人が座ってもゆらゆら揺れてリラックスできるし。
パステルカラーの外壁に、ブラックのチェーンで垂れ下がる白いブランコ。
夕暮れ時には、ブラケット・ライトに照らされて風でゆらゆらゆれるブランコ。
クッションを抱きかかえて、ブランコに座って星を眺める。
どれも最高のシュチエーションです。

vol81 02 

ゆらゆら揺れるならロッキングチェアもいいですよね。あれは、大人でもお年寄りになっても絵になります。
白い玄関ポーチに、重厚感あるチークウッドのロッキングチェア。
そこに座って昼からビールを飲む白髪のおじいさん。
通りかかる近所の人に「やぁ!君も一杯どうだい?」なんて会話がかわされる。
映画の一コマのようですよね。 
 

vol81 03


子供が多い家庭ならベンチもおすすめです。
アイアン製の重厚感あるベンチがポーチにあったら存在感ありますよね。
ヴィンテージのスイングベンチなんかも、かっこいいですよね。
こんなベンチに子供何人か並んで座ってアイスクリームなんて食べてる姿を想像したら、あ〜もうたまらん!


クッション持ってきて、寝転んで本を読んだりするのもいいですね。
寒い日に夫婦で座って、あたたかいコーヒー飲みながら外の景色を眺めたりするのも素敵な時間ですよね。

とにかく、カバードポーチにチェアはつきものです!

カバードポーチ+チェア=リラックスという計算は、間違っていないはず。

カバードポーチ+チェアから生み出されるその光景は、幸せな家庭の縮図ですね。
あなたも自宅でリラックスするための場所を作ってみませんか?

vol81 04

 

Copyright© 2015 THE MAKER'S. All Rights Reserved.