column

 

kurosen
アメリカ・ハワイアンスタイルのコラムを毎週木曜日に更新しています。
kurosen

American vintage ウォータージャグ vol.79

vol79-top

Happy New Year!!!

アメリカでは、新年を迎える時にキスする習慣がありますが、皆さんは年越しに何をして過ごしましたか?

New Year's resolution(新年の抱負)は、決まりましたか?
毎日お仕事を頑張っている皆さん、今年の休日はキャンプなんて行ってみませんか?!

と、いうことで今回ご紹介するのは「ジャグ」です!
ウォータージャグウォータークーラーなんて言い方もしますが、
最近ではジャグが一般的になっているような気がします。


まずは、こちらのAladdin(アラジン)社のビンテージウォータージャグ。

vol79 02



魔法瓶で有名なメーカーですが、1950年代に魔法瓶が有名になる前には陶器でこういったジャグを作ったりもしていました。
フルメタルボディで、中はホーロー製になっています。色が渋すぎる!とにかくかっこいい!
今じゃ絶対にない、この無骨なデザイン!たまらないですよね。
ただ家に飾っておくだけでも、かなりの存在感です。

 

その他にも、Coleman(コールマン)ビンテージのウォータージャグ。vol79 03

アウトドア文化が盛んだったアメリカの文化をぷんぷん感じますね。
遠くから見てもコールマンだ!とわかるこのツートンカラーのボディ、どこから見てもかっこいい。
これは、女性でもかわいい!欲しい!ってなると思います。
お部屋でパーティーなんかするときに、これに氷入れてクラフトビール冷やしたりなんかしたらオシャレすぎる!!!



そしてこちらがARCTIC(アークティック)のビンテージメタルジャグ。

vol79 04

いかにも昔のアメリカの鉱山なんかで作業員たちが水飲んでそう!
シンプルなのに、なぜこんなにかっこよくて存在感があるのか不思議です。
これ持ってるだけで男の中の男キャンパーって感じがしますよね。

 

ですが、ビンテージ品のウォータージャグは本来の目的の水筒としての役目を果たせる状態のものは希少なんです。
なので、自分でコック部分を取り替えたりする人もいるくらいなんです。

そうまでして、ビンテージ品を使いたい!だってかっこいいんだもの。
まぁ、本来の飲むための水として使用できなくても、
キャンプ中はいたる所で水を使用しますから手を洗ったり、 皿を洗ったりとしっかりと役に立ちます。

 

それに、キャンプに行く暇がない!という人でも、
こういったキャンプグッズを揃えて自宅キャンプするのもひとつの手です♪

いつもは寝ない寝室以外の部屋をキャンプ場に仕立ててみたり、ガレージにテント張ったり!
考えるだけでワクワク♪ さぁ、今年はキャンプに行くぞ…
いや、行けなくてもキャンプグッズ買って自宅キャンプ楽しんじゃいましょう!

vol79 05

 


取材店情報
店名「glow」
福岡県粕屋郡新宮町原上1711
TEL:092-410-7067
HP:http://www.glow-furniture.com/

glow-gaikan

 

Copyright© 2015 THE MAKER'S. All Rights Reserved.